目黒ごよみ 福まねき/2021年11月7日 立冬の開運アドバイス」

暦の上では今日から「冬」。季節の変わり目であり、
ココロとカラダと運気が不安定になる土用が明けて、ようやく一息つけるようになりました。
今月は自分らしくありのままでいられる月!なのですが、
東洋運命学では、今月は来年の前ぶれの月、予行演習の月とも考えます。
今月の出来事や問題は、来年にも起こりやすいんです。
ちょっとこわい言葉になりますが、今月と来年は「壊滅と再生」の月であり年。
なんらかの問題が表面化し、増大するという暗示があるんです。でも、大丈夫。
今月はその予行演習の月。目の前の問題から逃げずに、粘り強く立ち向かい、改善できれば
、「無から有」を生み出し、生まれ変わるチャンスにだってできるんです。
毎日のくらしに今月の福まねきフード・行動・プレイスを取り入れて、自分を再生させる力を高めましょう!

◆今月の福まねきフード:一物全体食◆

薬膳では、食材を余すことなく使い切って、丸ごと全部食べることにより、
その食材が持つすべてのエネルギーをいただくことができると考えます。
例えば、冬に旬を迎える大根やかぶは、厚めに皮をむき、皮はきんぴらや漬物に、
実は煮物、葉は炒めてふりかけにして、丸ごと全部食べる。
魚だったら、頭から尻尾まで、骨ごと食べられる小魚を選んで調理する。
といった感じです。とはいえ、何でもかんでも「皮ごと」「丸ごと」「骨ごと」なんてできません。
調理の際は「食材は無駄にしない」、外食の際は「食べ切れる量を注文する」ことを意識してくださいね。

◆今月の福まねき行動:3R:リデュース(ごみを減らす)、リユース(何度も使う)、リサイクル(再生利用する)◆

環境問題の改善を広めるために使われている言葉の「3R」が、今月の福まねき行動。
食材を買ったら無駄にすることなく使い切る。よく考えずに余計な物を買ったり、もらったりしない。
何かを買う時は何度も使える物やリサイクル品を選ぶ。日々の暮らしの中でもっと「3R」を意識してみませんか?
環境にも自分にも優しい行動を続けて、あらゆるものを再生させたいものですね。

◆今月の福まねきプレイス:リサイクルショップ◆

自分に福をまねいてくれる一番の場所は、毎日寝起きする自宅と長い時間を過ごす職場です。
今月どこかに遠出したい気持ちが高まっても、ちょっと待って!まずは今いるおうちや職場を整えましょう。
整理整頓をした際に、まだ使えそうな不要品が出てきたら、ただ捨てるのではなく、
必要としている人や団体に譲ったり、リサイクルショップや古本屋に持って行ったりしてください。
フリマアプリを活用するのもいいかもしれませんね。
今月の福まねき行動「3R」を意識して、おうちも、職場も、自分もすっきりさせましょう。

* * *

『目黒ごよみ 福まねき』は、毎月、二十四節気の日に掲載していきます。
次回もお楽しみに!

写真・文 薬膳料理講師・東洋運命学鑑定師 薬膳GOHAN主宰 高倉知子
HP http://tanoshiku-yakuzen.com
Instagram https://www.instagram.com/yakuzentomoko/

関連記事

ピックアップ記事

2022-6-27

山梨県甲州市の魅力をたっぷりお届け!

ページ上部へ戻る