目黒ごよみ 福まねき/2021年8月7日 立秋の開運アドバイス

暦の上では今日から「秋」。とはいえ、まだまだ日差しも強く、暑さも厳しい時期。
秋の気配なんてなかなか感じられません。
残暑が厳しいこの時期は、実は夏バテによる肩こり・腰痛が起こりやすく、悪化しやすいんです。
冷たい飲食物のとりすぎによる胃腸の不調や栄養不足。シャワーで済ませがちなバスタイム。
運動不足や冷房の影響など。さまざまな理由で「気」と「血」の巡りが滞り、痛みとなって現れやすいんです。
また、東洋運命学的にも、今月は「関節」と関連する月になるので、例年よりも注意が必要です。
毎日のくらしに今月の福まねきフード・行動・プレイスを取り入れて、
ココロとカラダの巡りをよくして、肩こり・腰痛の悩みとお別れしちゃいましょう!

◆ココロとカラダの巡りをよくする「香味野菜」◆

薬膳では、香りの強い食材には、ココロとカラダの巡りをよくする働きがあると考えます。
例えば、今が旬の紫蘇、新生姜や葉生姜、みょうが、唐辛子、しし唐。
その他では、ミント、パセリ、セロリ、長葱、玉葱など。
毎日のお食事に香味野菜を使ったり、ティータイムにジンジャーティやジンジャーエール、
ミントティーを飲んだりしてくださいね。
福まねきフードをコツコツとって、肩こり・腰痛の悩みとお別れしちゃいましょう!


◆ストレッチやマッサージ◆

福まねきフードで内側からのケアができたら、外側からのケアもしましょう。
朝起きてすぐ、仕事や勉強や家事の合間、お風呂上がりにストレッチやマッサージをしませんか?
そんな時間は作れないという方は、その場で腕を上に伸ばしたり、腰をひねったり。
通勤・通学・買い物の際に早歩きをしてくださいね。じっとしているだけでは福はやってきませんよ~。


◆リラクゼーションサロン◆

セルフケアもいいものですが、誰かにマッサージしてもらえたら、よりリラックス効果がありますよね。
また、しつこい肩こり・腰痛の場合は、プロにお任せしたいところ。おでかけできる方は、
感染症予防対策がしっかりとしたサロンを選び、自分自身も安全対策をしておでかけください。
おうちにいる方は、ストレッチ専門店やマッサージ店やサロンが配信している動画を見てみては?

* * *

『目黒ごよみ 福まねき』では、春・夏・秋・冬の年4回、
『ココロとカラダがよろこぶ福まねきGOHAN』をご紹介しています。
次回は秋号(9月)に掲載予定です。

写真・文 薬膳料理講師・東洋運命学鑑定師 薬膳GOHAN主宰 高倉知子
HP http://tanoshiku-yakuzen.com
Instagram https://www.instagram.com/yakuzentomoko/

関連記事

ピックアップ記事

2022-9-29

自由が丘スイーツフォレスト

ページ上部へ戻る