目黒ごよみ 福まねき/2021年4月4日 福まねき情報「清明の開運アドバイス」」

天と地に、清らかで明るい気が満ちて、くもりがないという意味の清明。
草木は芽生え、花も咲き、生命力があふれる季節の到来です。
浄化の力が高まる今月は、縮こまっていたココロとカラダを解放して、
勇気を持って行動する前進のときなので、恥をかくことを恐れてはダメ!
ちょっとくらいの失敗なんて前進のひとつです。
毎日のくらしに今月の福まねきフード・行動・プレイスを取り入れて、
まずは最初の一歩を踏み出してみませんか?

◆五臓「肝」に働く! 旬の食べ物で作る酢の物◆

適度に酸っぱい食べ物は、春に不調になりやすい五臓「肝」の働きを助けてくれます。
また、陽の気が高まるこの時期は、体に余分な熱をためこまないことが大事!
そこで、おすすめなのが甘酸っぱくてさっぱりとした酢の物です。
今が旬の生わかめ、ほたるいか、あさりなどの魚介類、
オレンジやグレープフルーツなどは、カラダをクールダウンさせるが働きがあるので、
特におすすめですよ。


◆音楽を楽しむ◆

今月はリセット・リスタートに最適な月です。
好きなアーティストの曲を聴く、楽器演奏を聴く、映画や舞台のサウンドトラックを聴く。
自分で歌ったり、楽器を弾いたり、曲を作ってみるのもいいかも!
その他では、楽器やオーディオ機器のお手入れ、買い換えもいいですね。
毎日のくらしの中で、ほんのいっときでいいので、音楽を楽しむ時間を作ってくださいね。


◆コンサートホールやライブハウス◆

緊急事態宣言が全国で解除されましたが、まだまだ油断はできない状況です。
コンサートホールやライブハウスに足を運ばれる際は、感染症対策をしっかりするようにしてくださいね。
おでかけが心配な方は、有料・無料の配信もありますし、おうちでオンラインイベントを楽しむのもおすすめです。
この機会に、いままで触れたことがないジャンルにトライしてみては?

* * *

『目黒ごよみ 福まねき』では、春・夏・秋・冬の年4回、
『ココロとカラダがよろこぶ福まねきGOHAN』をご紹介しています。
次回は夏号(7月)に掲載予定です。

写真・文 薬膳料理講師・東洋運命学鑑定師 薬膳GOHAN主宰 高倉知子
HP http://tanoshiku-yakuzen.com
Instagram https://www.instagram.com/yakuzentomoko/

関連記事

ピックアップ記事

2020-10-10

情報紙ターミナル創刊20周年記念動画

ページ上部へ戻る