『目黒ごよみ 福まねき/2022年6月6日 芒種 の開運アドバイス』

暦の上では夏とはいえ、日本ではこれから梅雨になり、蒸し暑い時期に入ります。
植物の生長を促す恵みの雨とはいえ、あまりにも雨降りが続くとココロとカラダ、
そして運気もじめじめして、水はけが悪くなって停滞してしまいます。
東洋運命学では、今月は余分なもの、無理していること、無駄なもの、
負担を感じるものを手放すチャンスの月と考えます。
今年前半を振り返り、ココロとカラダとくらしの中にある無理や無駄、ついでに不平不満も取り除き
軽やかに暮らせるようにしませんか?毎日のくらしに今月の福まねきフード・行動・プレイスを取り入れて、
じめじめした梅雨時期の重だるさをデトックスしましょう。

◆今月の福まねきフード:じめじめした梅雨時期を乗り切るスパイスカレー◆

6月11日頃は雑節の「入梅」といい、暦の上では梅雨の時期。
薬膳では、じめじめした梅雨時期は胃腸や皮膚、筋肉や関節に不調が出やすいと考えます。
カラダの各所に悪さをする湿度対策には、スパイスを使ったカレーがおすすめ!
市販のカレールウを使うのもいいのですが、2022年は1年を通して「手作り」が福まねきフードであり行動です。
この機会にスパイスカレーを作ってみませんか?スパイスを入手するのが難しいようでしたら、
いつものカレーにカラダの水はけをよくする「生姜」をプラスしてくださいね。

◆今月の福まねき行動:日々のくらしの中の無理や無駄を減らす◆

今年前半を振り返って、日々のくらしの中の無理や無駄、負担を減らすことが今月の福まねき行動。
お金や時間の使い方、衣類や日用品はもちろん、人間関係も見直して、シンプルに生きられるようにしませんか?
自分をよくみせるための見栄、「あれがない、これもない」という不平不満は手放して!
家計を整えたり、仕事や家事のやり方を変えてみたり。重荷になる人付き合いがあれば、
ひとまず距離を置いてみましょう。自分一人で決断ができない時は「専門家」に相談してくださいね。

◆今月の福まねきプレイス:美術館や博物館併設のカフェ◆

ココロとカラダをリフレッシュさせるカフェが今月の福まねきプレイス。
特に美術館や博物館に併設されているカフェがおすすめです。
今月の福まねき行動を実践して、仕事や家事を効率化できたら、知的好奇心を高める
美術館や博物館に足を運んでください。一人でゆっくり過ごすもよし、
自然体でいられる人とティータイムを楽しむのもよし。
お茶のお供はスパイスやハーブを使ったスイーツを選んでみて!

『目黒ごよみ 福まねき』は、毎月、二十四節気の日に掲載していきます。
次回もお楽しみに!

写真・文 薬膳料理講師・東洋運命学鑑定師 薬膳GOHAN主宰 高倉知子
HP http://tanoshiku-yakuzen.com
Instagram https://www.instagram.com/yakuzentomoko/

関連記事

ピックアップ記事

2020-10-10

情報紙ターミナル創刊20周年記念動画

ページ上部へ戻る