東急株式会社/東急電鉄株式会社の取り組み 池上線長原駅の「木になるリニューアル」

 池上線長原駅において、池上線沿線の温かい雰囲気をコンセプトとした「木になるリニューアル」が2021年秋に竣工する予定です。この事業は、グッドデザイン賞など数々の賞を受賞した池上線戸越銀座駅、旗の台駅のリニューアルに続く、池上線沿線ならではの温かさやぬくもりをコンセプトにデザイン、素材を採用した改修となります。地上階の駅舎や東急ストア入口、改札外に新設する店舗の一部は、東京都多摩地区で生産された多摩産材を活用し、木のぬくもりが感じられる軒下空間を演出することで、駅とまちが柔らかくつながる心地よい空間に。地下階にある電車と駅の接点になるプラットホームは、既存躯体を利用したゲートのような意匠となります。多摩産材を活用することで、木材が吸収している二酸化炭素約1tを固定化することができ、大気中の二酸化炭素増加を抑制することに寄与。駅天井仕上げの工夫による廃棄物の削減など、地球環境に配慮した取り組みを実施します。

関連記事

ピックアップ記事

2024-3-22

レゾンデートル 目黒店

ページ上部へ戻る